ポリエステルジョーゼットを染めてみた

フィギュアスケート

もの作りにおいて基本的なことはどの分野でも同じだなと感じることは多くある。

よく教科書通りに出来上がっていないと良くないものと思われたりすることも多々ある。

ただ、僕は日本で生まれて日本で育って日本で生活している。

世界に目を向けてみると、海外に住んだ経験のある人とか海外から日本に遊びに来た人の

話を聞くとこんなことを思う。

「日本の製品の完成度の平均値が高い」

つまり、性能や出来のレベルが高く似たり寄ったりのものが沢山あるとも捉えることもできる。

余談はここまでで、今回は衣装のスカート部分のポリエステルジョーゼットを浸染で染めた記録を書きます。

元々の衣装制作させてもらったこの衣装のスカート部の色を綺麗にしたくて取り組んだものです。

もとネタはこの記事です

まずパーツを作ります

ジョーゼットを裁ち出します。

ジョーゼットって地の目を整えるとこからが裁断の基本なのでね。

しっかり延反させてからが基本ですよね。

組み立て

染液作り

今回はポリエステル100%に対応してこの染め粉を使いました。

Amazon.co.jp

グレーを入れたいと考えてるんですけど、

染めつきがそんなに良くないのを予想してあえて黒の染め粉を

少なめに混ぜてじわじわやってく作戦です。

ここから投入しているのは、染まりつきを促進させる薬剤です。

熱湯と熱とこの薬剤で染液が生地に定着しやすいコンディションを作ります。

色入れ開始

染めたいものは、一度水に浸して濡れたまま色入れに入ると良いです。

なんかその方が色つきも良いですし、

新品の生地なんかだと糊が付いています。

ムラになる原因にもなるんで、濡らすと良いんです。

今回はグラデーションを入れたいから。

ジャブ、ジャブ上下してます。

裾は濃くしたいから少し時間かけます。

完成

今回実は三回実験しています。

一回目は、横着して一気に色を作ろうとしてアウト(笑)

二回目は少しだけコツを掴んだかも出会ったんですけど、

雰囲気があんまり良くないのでアウト(笑)

これらは、残骸です。。

三回目をやる前に、よく考えて。

よく言いますよね。「三度目の正直」

一気に色を入れようとせず、うすーく少しずつ。

一回入れたら乾かせて。

翌日重ねていく。

つまり、丁寧に手間をかけるが正解でした。

ラメのペンでお化粧しているところも修正、乾燥させました。

ストーンをつけて完成です

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました