フィギュアスケート衣装のリフォームとアップデート

衣装作成

インターネットでとりあえず購入しましたが、

セパレートタイプだと思ってたのが、実はワンピースタイプだった。。。というご相談から始まりました。

今回曲は、「鬼滅の刃〜遊郭編〜」

この雰囲気を作って欲しいとの事で。

まずは、リフォーム前の状態です。

まずは解体しちゃいます

ワンピースタイプでは、男の子はトイレ問題があります。

後ろファスナーを開けて、用を足す。。

10歳の子には、ちょっと面倒なのでとお母さんからの希望です。

ラインストーンがパンツとの接ぎ位置に付いているので解いて縫い直しは不可能なので

仕方がないのでカットしちゃいます。

トリコットの2WAYの素材は、生地が解けにくい。

内側で見えないので、ギリギリの際で縫い代を付けてカットしちゃいます。

パンツ作り

切り離したパンツは使わないとの事で、新たにパンツを作ります。

今回は、裏起毛の2wayストレッチを使います。

リンクの上はやっぱり寒く、このような温かい生地を希望される方もいます。

しかし、温かいだけを重視すると肝心な「美しさ」が欠如してくるのでね。

機能性と美のバランスですよね。

前あきで、ウエストはゴム仕様のを作ってきます。

寸法は、ウエストゴム仕様(56〜61cm)

ヒップ=64

股下= 70

股下は、多めに取って来年も対応できるように長く設定してます。

左足腿、膝上付近にストーンでシャツとリンクするような模様でストーンを並べます。

シャツの裾をリメイクします

滑ってる途中にシャツが動くのは、演技に集中出来ないかもな?

ということでパンツにインできるようにインナー的なものを縫い付けてきます。

股のところは脱着できるように、スナップボタンを縫い付けます。

シャツのチュール裾を男の子っぽくアップデート

パワーネット生地の部分の裾始末。

メローロック仕様になってます。ナミナミっとした仕上がりが特徴です。

女の子の物なら、可愛いし特に気にもならない感じですけど、

男の子にはちょっと。。。

なので少しカットし、2つ折の仕様でスッキリさせます。

装飾をアップデート

「もっとキラキラしたい!」の希望ですので

これから更にラインストーンを盛ってきます。

追加してくのは、オーロラ色とサファイア色

タッセルを付け加える

課題曲の、和の雰囲気を加えたいので赤タッセルでテイストを入れてきます。

ブルー×白×ゴールド×黒

この配色に「ひとつ赤を灯す」

ここでの解釈は、日本的な赤を意識して入れてます。

赤ってすごく力を感じる色ですよね。

特に氷上ではきっと効果が出ると思っています。

これでフィニッシュ

ストーンを追加追加で

キラキラを超えてギラギラに仕上げてきます。

さて、彼はこれを纏ってどんな演技をしてくれるんでしょうね?

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました