30代、40代、50代、おしゃれの世代間ギャップ

世代別のファッション意識の違いとは?

婦人服のお客様の年齢層によるギャップ、意識が世代別であるのを感じます。

こう書いている私自身40代なんですが。

婦人服作りをしてきて、男の目線で俯瞰的に見て感じることがあります。

恐らくですけど、この世代別の意識の違いは、ファッション価値観が作られてく、彼女たちの10代後半から20代前半の社会背景が、大きく影響しているのでは無いかと。推測します。

50代以上の女性は、実は最もおしゃれ好き?!

現在50代以上の女性は、女性の社会進出が本格的になり、ファッションより自由な表現が可能になってきた時代に青春時代を過ごしています。

当時流行したのは、「コム•デ•ギャルソン」

黒ずくめのアシメトリーなコーディネートや、ハウスマヌカン(ブティック店員)たちのうなじを刈り上げたヘアスタイルなどに代表される、既成概念を打ち破るような個性的なファッション。

海外のハイブランドだけでは無く、様々な日本初のDCブランドが台頭し、社会的にも経済成長が続いたため、街ではファッションにこだわる女性が数多く見られたと言われます。

彼女たちが30代、40代になる頃、子供がいてもおしゃれを楽しみ

「読者モデル」としてファッション誌に出る。と言った動きも。

私事ですが、弊社のオーダーのお客さんの半分はこの世代です。

50代となった今、

更に大人女性のおしゃれをパワフルに追求していますね。現在進行形です。

「美魔女」なる由縁もこの世代からでないでしょうか。

バブル崩壊も経験してファッションも激変?!40代

そして、私自身もそうです。40代。

私自身は、40代前半になるので少しズレてますが、40代後半ですと、

バブル全盛期で、ピタッとしたミニスカートのスーツ、当時を象徴する「ボディコン」ですね。

90年代に入りバブルは崩壊がおこります。

急な景気の冷え込みから、ゴージャスなファッションは身をひそめ、ロンドンのストリートを思わせる「裏原系」ファッションや、

「金ボタンのダブルの紺色のブレーザー+白シャツ+デニム」の渋カジなどのカジュアルな服装にシフトしてきました。

当時、中学生だった私ですが、ファッションに興味を持ち始め、通っていた塾の先生がこんな感じのファッションで、「かっこいいなぁ」と憧れたものでした。

この世代の特徴は、急な流行の変化では無いでしょうか?

途中、古着ブームにも重なってきます。

ゴージャスでドレッシー→カジュアルでストリートな

故に、流行の変化を柔軟に受け入れる「着こなし力」は高い世代では無いでしょうか。

30代女性のファッションは、意外とコンサバ

バブル崩壊後、長い平成不況を過ごしてきた現在の30代は、「ミレニアル世代」と言われてます。

「自転車を持ちたいと思わない。」

「洋服はユニクロで全てオッケー」

など、悪く言うと質素。良く言うと地に足のついたライフスタイルの多い多い世代と言われてます。

現在の30代向けのファッション雑誌を見ると、シンプルで上質はハイブランドの着こなしの提案や、ファストファッションの特集などが見られます。

ファストファッションから連想させるに家族の背景がみられます。

家族を、大切にしつつ暮らす、とてもコンサバなライフスタイルや価値観が浮かんできます。

一方、「一生女の子」みたいなガーリー志向、モードなハイブランド路線など、多様な価値観を大切にする傾向も見られるミレニアル世代です。

#kutoo運動に象徴されるように、おしゃれのために痛みや寒さをも我慢する!という感覚はあまりなく、着心地や機能性を重視する30代以下の若い世代の特徴では無いでしょうか

ポイント

  • 今の50代にはパワフルで熱量の高い女性が多い
  • 今の40代はバブル崩壊から不況の過渡期に生き、柔軟性のある着こなしが得意
  • 今の30代は地に足のついたファッションをマイペースに楽しんでいる

こう分析して見るとファッションと社会情勢は密接に影響があるんですね。

どれか良い悪いとかでなく、世代別の良いところを取り込む気持ちで、ファッションを楽しんでみたら良いですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です