40代男子、大人な白スニーカーを入れた着こなし

スニーカー上手く取り入れてますか?若者のようにカジュアルな取り入れ方は、問題無くできるかと思いますが、ちょっとだけ豆知識で取り入れて見て欲しい件です。

カチッとしたスーツみたいなスタイルの時は、革靴とかブーツを選びがちでないですか?

それが間違えでは無いのは、ご存知なこと。

白スニーカーを取り入れて、なんかうまく着なしてる人見たことないですか?街で。だけでなく雑誌のストリートスナップとかなんかでも。

では、何故それが洒落て見えるかお教えしますね。

重力と色の関係って気にしたことありますか?

色彩心理っていうのがあるんですけど、黒っぽい色とかは重苦しいイメージありますよね。

服の話から少し脱線しますけど、運送屋や引っ越し屋さんの箱って白とか白っぽい色のもの使われるじゃないですか。あれには訳があって、白っぽい色の箱の方が作業効率が上がるからあえてそうしているそうですよ。

黒っぽいと確かに重厚なイメージありますよね。

服の話に戻りますが、黒っぽい色は重く見えるからボトムや靴は黒っぽい色を持ってくると、

色彩心理の効果もあってか、コーディネイトが違和感なくうまく安定して見えるものなんですよね。

トップスは、黒っぽくても白っぽくてもそんなに関係ないですね。重力の心理で重いものに軽いものを乗せようと軽いものを乗せようと違和感出ませんからね。

しかし、この重力の心理に逆らうことで効果をもたらせるんですね。

簡単に、靴に白スニーカーを持ってくる。

黒っぽいドレスによってるコートだとか、上下黒でキメキメな時に足元だけに違和感を出す。

重力の心理では、あってはならない白っぽい色を足元に入れることで目立たせることができるんです。

ドレッシーな服でもカジュアル要素を少しだけ入れるだけで、ジャケットのインナーをTシャツに変えスーツをカジュアルに着こなして見せるのに簡単に効果をもたらせるんです。

海外のストリートスナップなどを見ても顕著なんですけど、

がっちりスーツで決めてド派手なスニーカーで外すとか。足元以外はしっかりドレッシーなので、足元のみでカジュアルの印象をもたせるので安定のコーディネイトが成立するんですね。

逆に言うと、白いスニーカーなどはカジュアルの印象が強いので使うときには、気を付けた方が良いですね。大人のコーディネイトにするには。

安易に、スウェットパンツやカジュアルなブルゾンを持ってこないほうが良いと思います。一気にカジュアルによってしまいます。

参考になれば、気にして鏡の前で挑戦してみてはいかがですか。

映画 「IN TIME」面白かったよ

「すべて人類は25歳で成長が止まる。」

って、フレーズで見てみることに。派手なアクションとかないですけど、話の設定が、面白くないです?

人生80年とか言われてる時代に。仮に25年だったとして自分ならどう生きてる?というか、25歳でどこまで納得いくことやれていた?ですね。

ちなみに25歳の私は結婚もしていないので、毎晩遊んでましたね。おそらく。明確な記憶もないので。。

設定の面白さが秀逸なSFサスペンスです。

資本主義社会を風刺しているようにも見られるし、有限である時間と命の使い方について考えるにも示唆的な内容です。

あらすじ

人間は遺伝子操作によって25歳で成長が止まる時代になった。

25歳を迎えると腕に残り時間を示す時計が自動的に設置され、そこからは人生の残り時間のカウントが始まる。

人口増加を防ぐため、通貨はすべて時間に。
25歳からは労働で時間を得て、生きるために時間を使う。

一握りの富裕層は永遠に生きられるが、多くの貧困層はギリギリの生活で時間が切れて命が尽きる。

スラム街に暮らすウィルは、いつもギリギリの残り時間で生きているが、あるときスラム街にやって来た富豪ハミルトンから100歳の時間を引き継いだことで人生が変わっていく。

まず設定が面白い

派手さはなく淡々と物語が進むが、設定の面白さでいろいろと考えさせてくれる内容になっています。

で、どうして設定がいいのかというと、この作品では時間、というか寿命をお金で買えるのだ。なんでも遺伝子操作かなんかの技術によって、人間は25歳以上、歳をとらないのである。というか、歳はとるんだけども肉体が衰えない。だから、殺されたり自殺でもしないかぎり、肉体は若いままで生き続けられるのだ。

だが、寿命時間とでもいうか、25歳を過ぎると、政府から1年分くらいしか時間をもらえない。なので、お金を稼いで時間をチャージ(購入)しないと26歳で人間は死んじゃうの。死にたくなければ金を稼いでチャージするか(suicaとかの電子マネーみたいだね)、他人と肌を触れ合わせて、その本人の時間を自分に分けてもらわないといけない。

富裕層と貧困層の違いは寿命

この作品の世界の人間は、金を持っているか否かで住人のレベルが4段階くらいに分けられていて、ピラミッドの頂点にいる富裕層たちは、何十億年も寿命を財産としてもっていたりするらしい。ヒロインの親父の資産は数十億と言っていた。で、主人公の住む最下層の街では、常に寿命があと1日くらいしかないので、日銭を稼いでせっせと寿命を増やさなきゃならん。自転車操業なんです。

富裕層はあぶく銭を持っているから寿命が1世紀分とかあるので、その時間を消費することでいい暮らしをしている。ただ、長生きしすぎているせいか、刺激に対して鈍感であり、日々の暮らしもセカセカしていない。飯を食うのもゆっくりだ。というか、やることがないのである。だから、パーティだのなんだの開いて中世の貴族みたいな暮らしをしている。

寿命が分かってて楽しく生きられるか

いずれにしても、俺はこんな世界で絶対生きていたくない。だって、俺が暮らすことになるのはきっと、この作品の一番貧困な街に決まってるからだ。そこでは本当に時間が貴重だ。次の一日を生きられるかわからないんだから。

主人公のお母さんは、寿命が1時間30分くらいしかないのに、運賃が1時間もするバスで帰宅しようとする。ところが、政府は人口を調整するため、しょっちゅう税金だの物価を上げているのだ。つまり、貧困層をさっさと殺して人口を調整しようと狙っている。

主人公のお母さん(母には見えないくらい若い)がバスに乗ろうとしたら、「運賃が2時間になった」と言われ、お母さんバスに乗れずに走って帰る羽目に。ところが主人公から寿命を分けてもらう寸前で、タイムアウト。死んでまうのである。

じゃあ富裕層な暮らしがいいかと言うと、決してそんなことはない。彼らは時間を持て余しすぎているものの、特にスリルのある何かをするわけでもなくその日を何となく生きているだけなので、およそ生きていることに張り合いがないのである。

だから、序盤で主人公のいる貧困層の街にやってきて、寿命だけ分け与えて自殺しちゃう奴なんかも出てくるのだ。

この作品の人間たちは、腕が蛍光色に光っていて、その光には自分の寿命時間が刻まれている。で、その時間はどんどんと減り続けている。つまり、あとどれくらいで自分が死ぬのかわかってまうのだ。そんなん毎日気にしながら生きてたら、頭おかしくなっちゃう。

寿命が分からないからといって漫然と暮らしていいのか

こういう映画を観て思うのは将来に対する不安とか、未来のことばかりを考えて今を犠牲にするような生活で本当にいいのかと、考えさせられることだ。

本当は、時間の流れってのは今しかないのである。

今だけなのだ。未来なんてのはない。未来はけっきょく未来に訪れる今だからだ。屁理屈に感じる人もいるかもしれないが、時は今しかない。

常にその瞬間しかない。やっぱり金を得る仕事のために、人生の大半を犠牲にして生きるなんて、馬鹿馬鹿しい。

だからなるべく仕事に縛られず、うまく折り合いをつけて仕事も私生活も楽しめるように工夫するしかない。ともかく、時間は有限なのだ。

時間は、この世で最大のコストであり皆に平等に与えられた大切な資源ですね。ぼーっとしていても何も変わらない。

若き日の自分に見てほしいかな。

貯金のリスク

先日、友人と「貯金」の話をしてました。40代にして、ようやく気にして。なんとなく、そろそろ色々と行動をしていかなきゃならないなと思いつつも。

これ、結構人に聞きにくいでしょね。よく営業メールで、保険屋さんが、業務でファイナンシャルプランナーとしてもお手伝いさせてほしいと言われますがね。

そこほんとに任せるべきなの?と思いまして。少しづつ、気の置ける、所得もそんな変わらない友人と話してました。

そして、それぞれに危機感も抱きつつ。もっと勉強するべきで、自分らの子供にも基本的なことは、大人の事情的にオブラートに包まずストレートに教えてくものだと。

で、その日は貯金の話題で色々とお互いに調べてたことで意見交換できました。

貯金の意味、貯金のリスク

まず、貯金のリスクとは何を思い浮かべますか?

大体の人はペイオフ制度を思い浮かべるのではないでしょうか。

出典 https://www.minmane.jp/678/#:~:text=%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%95%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%8C,%E5%8A%B4%E5%83%8D%E9%87%91%E5%BA%AB%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

貯金は1000万円までは保証されるということで、たとえ2000万貯金していても、銀行が破綻したら1000万しか戻らないということですね。まずは、これがリスクですね。

ただこれは打開策があって、普通預金の利息を放棄する「利息いりませんよ。」といった場合には、補償額が変わってくる。全部保証されるんですね。上限の1000万円がなくなるんですね。

今回調べていてわかったことですね。なるほどね。と思いつつ手持ちで1000万か。。。。ですけど(笑)

でも今から、預金をしてくのならこの制度を利用した口座持っていてもよいですよね。だって、今の普通預金の利息なんて0.01%でしたっけ。

殆ど無いに等しいんで作っておいても良いですよね。

例えばですけど、老後2000万円足りないってニュースありましたよね。老後のために2000万の預金を作ろうと貯めていたのに、使おうと思った直前に銀行が破綻したなんてことになったらね。

あっても良いですよね。これもリスクですが、

今回調べてびっくりしたのは、インフレリスクですね。

インフレって簡単に言うと物価があがるということですね。

殆どの国が、年々2%づつ上昇している。

自然に上がっているわけではなくて、上げることを目標にしている。

日本はずっとデフレが続いてその目指している姿になっていないけど。

とはいえ、物価上がっていますよね。牛丼の値段、昔に比べて10円20円どころが100円くらい上がってません?

マクドナルドのハンバーガーだって上がっていますよね。

安いよねって言っていた時代もありましたが、今は普通のランチの値段と変わらなくなってますよね。

食べ物にも限らず、いろんなもの値段上がっていますよね。デフレだと言われながらも物価は上がっています。

例えば、30年前からお金を貯めていて100万円貯まりました。30年前の100万円でできることと、今の100万円でできることって全然違うんです。

手元に入ってくるものは、減っているということなんです。

つまり貯金をしているということは、インフレによるリスクは加味されていないということ。

30~40年経って物価が上がっていたら、それに対応しきれないということになるんですね。

先ほども話した老後のための貯金2000万、老後の生活のために30年40年経ってから使う2000万が果たして今と同じ価値観かというとそうじゃなくなっているとうこと。物価は上がっていく。

家賃も、食費も今よりもあがり足りなくなる可能性もあるんですね。

銀行口座に眠っている間にどんどん価値が下がっているというリスクがついている事実。

じゃあどうすればと

やはり、よく聞くのは金融投資と聞きますけど。将来にお金を残すという意味では、相性の良い行為だと。

基本的には株、アメリカの株市場は緩やかに上昇していると聞きます。20年先30年先をロングスパンで考えてくなら理にかなってると。

よくよく資料を見せてもらえば単純に企業というのは、経済活動をしていくうえで日々もらうお金も払うお金も増えていくんですからね。

よほどの危機が起きない限り成長していくものですから。

ですが、そのよほどの危機がリスクなのかな。

とはいえ、ギャンブルでお金を増やすのとはまた違うし、銀行口座で眠らせてしまうお金のことも。

大金持ちになれるわけじゃないけど、家族を養って子供たちにしっかりした生きてくためのお金の知恵くらい教えられるように学ばないとね。

年金で生活を守ってもらえるわけじゃないし、これ最後まで読んでくれた人。学んで行動してみることこそ最大の自己防衛だと思いません。

シルエットさえ整えれば、オシャレに見える説

洋服を着る。この字のごとく。”洋”という文字が入ってますね。西洋からきたものですね。元々、日本人は着物(和服)を着ていました。なので、西洋人と比べ着てきた歴史が違うし、ぶっちゃけ体型からして違います。

格好よく着こなしてみせるには、西洋人に寄せることを意識することから始めると近道になると思います。

日本人が西洋人と比べ洋服をきるにあたってのデメリットとは何かというと、わかっている人もいるとは思いますが、体型です。西洋人は、顔が小さくて肩幅もしっかりしていて手足が長い。逆に日本人は、顔の大きさもあり手足は短い。全員とは言えませんが、割とそのような傾向にありますね。

日本人の体は華奢だとも言えませんね。下半身は割と西洋人に比べて太くしっかりしていて、西洋人は上半身のわりに下半身は華奢な傾向にあると言われてます。

農耕民族と狩猟民族の元々の骨格の違いにあるとか無いとか言われてはいますが、洋服をかっこよく見せるには少し不利な条件を持っています。

ですが、シルエットを気にしてみることでうまくカバーできちゃうんです。

シルエットの考え方、捉え方

シルエットとは、読んだ通りの意味でどう捉えるかのところです。

ある程度、西洋人の体型に寄せてシルエットを組むことで大概はそれとなく整った着こなしに見えるんですね。

足が長く見え、肩幅もしっかりしているように見えることで理想に近くなります。

理想にするべき、シルエットとは、「A」「I」「Y」。

この3つのシルエットです。

どう捉えるかというと、アルファベットの形のままでイメージしてください。

Aラインは、上半身が細く下半身が太い。

Iラインは、上半身も下半身も細い。

Yラインは上半身が太く、下半身が細い。

まずは、Iラインの例です。典型的なんですが、ジャストフィットのものを着てます。縦長にすらっとなるようにシルエットを作ります。縦長さを強調するのに縦ストライプなんか取り込むのも手です。

ですが、これ体型がごまかせないんですね。例えば、サッカーをやっていた人とかだと、足の太い感じがすぐに出てしまいます。

40代ともなるとお腹も出てきます。せっかく、体のラインに沿わせてジャストな感じの服でシルエットを作ってもポコっと出るところがあったりで。。。

なので、若いうちの体のラインが綺麗なうち、もしくは40代になってもトレーニンングなどで体をケアできてる人は問題ないんですけど。

全くごまかせないというわけでは無いんですけどね。Tシャツとかだと何もないデザインですので隠せないですが、ジャケットやカーガンを着ているとボタンなどもあるので、カバーできるし、黒やネイビーのような収縮色を使うとか方法がなくもないんですが。

ただ、体のラインに元々コンプレックスを持っている人は、わざわざこれにこだわる必要もないので、AとかYはどうなの?ですよね。

Aラインのであれば、上が細く下が太い。

サッカーとかやっていて下半身、足が太いとか気にしてる人でもすんなりと行けると思いますよ。

上はジャストで、ボトムはワイドのパンツですね。足の太さは全然わからないですよね。ボトムはゆったりしてるので。

続いてYラインの事例。

上のTシャツは大きなものでフワッと着ます。下は細いパンツもしくは、細く見せるパンツにします。

では、AやYがなぜ綺麗なシルエットにみえるのか

Iラインが綺麗に見えるのは、なんとなくわかりますよね。基本的に綺麗に体のラインに沿わせるものなので。

Aだと、足のラインがゆったりさせてるものですよね。実際の足の形はわからないようになってますよね。

人間ってわからないものって脳の中の良いもののように勝手に補完してしまうものなんですね。例でいうと、今コロナの感染予防中なんで、街中では皆マスクしていますよね。

マスクのせいでそれなりにおしゃれして化粧している女性はみんな綺麗な人って勝手に想像しちゃってたりしていませんか?

マスクをとったとこ見ちゃって、結構普通だな。。。なんてこともなきにしもあらず。

この脳の補完機能をシルエットを作ることに利用するんです。

Aだと、上の服のラインでヒントを出すんですね。足の形は太目でゆとりのあるパンツなんで中は脳の補完機能で、すらっとしてるだろうと想像させておくんですね。

Yなら、ちょっとお腹が出てきた40代でも下半身の細くみせるボトム使いで補完機能を使わせるんですね。

メリハリが大事だとスタイリストさんは言います。つまりは、脳の補完機能をうまく利用するということです。

で、ここまで話してきて、単純にAラインとYラインの作り方は太いと細いのアイテムを使い分けると話してきました。ですが、

単に、太い細いだけでの解釈でもないところも理解してほしい

例えば、冬のダウンジャケットに細身のスキニーを合わせればYラインの完成。

ダウンは大きいものですからね。でも、ダウンの替わりに膝丈のコートを持ってくる。これもYライン。コートはYラインを意識してシルエットを組むのが必須なんです。

が、コートはジャストサイズなんで違うのでは?と思うかもしれません。ですが、このYラインという考え方は、面積で考えておく方が良いです。

上半身に面積の多いものを持ってくるときはボトムは小さくまとめる。

Aラインでもダウンベストのようなボリューム感があっても面積の少ない場合は。

まとめ

3シルエットは理解できましたか。ただ、これが絶対とは言い切れません。基本的にこの3シルエットで体系を綺麗にみせる基本中の基本だなというくらいで覚えておくと良いかと思います。

色使い、素材の組み合わせで綺麗に見せる方法は未だあるんですが、あまり詰め込みすぎてもというか何事もこだわりすぎるのはモテませんから( ´∀` )

ちょっと意識するくらいでやってみてはいかがでしょうか。

今、アンクルパンツ、半端な丈のパンツをはくの?

アンクルパンツとは、「くるぶし丈パンツ」。

中途半端な丈のパンツ、くるぶし丈が出るパンツは、何故、急速に今皆んな履いてるのか?

これ、結構合理的な理由があるんですよね。

凄いスピードで広がったじゃないですか。暫くたって徐々に短くなったじゃなく、女性のスカートに丈のトレンドみたいな流行の後押しがあったわけでもなく。

裾にたまりを付ける履き方、

これ正直だらしなく見えるんですよ。我々の世代だと、腰パンしてましたよね。あれほどじゃないけど(笑)

アンクル丈のパンツって、どんな靴を履いても裾丈が短いので、当然ですが皺を作らないんですよね。

だから、すっきり細く見えるんですよね。スッキリ細く見せたいんだったら、スキニーをはけば良いと思いますよね。

でもでも、これがそういうことではないんですよね。世の中の4割くらいの人が同意してくれると思うんですけど、スキニーってはけない人いるんですよ。

太ってしまってる人は勿論なんですけど、スポーツをやっていたせいでお尻に筋肉がついてしまってるとか。体型のことではなくて、もともと、細くぴったりしたパンツが苦手な人もいるんですね。

スキニーばかり履いている人からしたら理解しにくいことなのかも知れませんが、ちょっと気恥しかったりもするんですよね。

ピタピタなのが。

そういう人たちが細身のパンツをはくことを諦めなくてはならないか?というと、そういうわけでは無いんです。

裾が細ければ、太いパンツでも細く見えるんですよ。

これは、とても大事な話で、日本人の大半は足が太いんですよ。

欧米人と比べて華奢なのですが、足は太いんです。

残念なことかと思うんですけど、太くて短いんです。欧米人って体格が良い印象ですが、実は足は体格のわりに、細いんですね。だから、スキニーが似合うんです。

でも諦めてはならないんです。アンクル丈のパンツが解決します。

ウエスト、太もも部がゆとりのあるデザインでも裾が細く、足首が出ているので、細くみえる。

足首は足の一番細いところです。その細い部分は足の先端の最も目立つ部分。なので、露出することで全体の印象がそこに引っ張られるんですね。

このアンクル丈のパンツが、カバーしてくれるんですね。

他国に比べてものすごいスピードで浸透していった要因は、ここにあるわけで体系のコンプレックスをカバーしてくれるんです。

足首を出すだけでね。

アンクル丈で、裾にかけて細くなっているパンツ(テーパードパンツと言います)。

同じアンクルパンツでも裾丈で比べてもらえると一目瞭然です。

丈が、裾まである同じものでも印象が違います

全く同じ商品で、裾丈が違うだけのものですが。あわかりでしょうか?

細くスッキリ見えるからなんだ?ですが

ボトムを細くスッキリまとめることで、それとなくまとまった着こなしができるんですね。上着に、大きめなのをもってきても、ジャストなものを持ってきたとしても。

YかIのラインにはまるんですね。それって何かというと、

人間の体のシルエットを美しく見せるラインというのがあって、

「A」「I」「Y」

女性の服で、Aラインが何ん。。。とか聞いたことありません?この話は、服装史にも出てくる題材なんで、また違う機会に解説させていただきますが。

何が言いたいかというと、パンツをスッキリ細くみせることでコーディネイトがらくになるんです。

どのくらいの丈が、程よいのか?

くるぶしの骨にかかるくらいですね。立っている状態でです。

まだ、履いたことがないという方はGUさんとかでも、イージーアンクルパンツなどもあります。かなりコスパきいてます。

出展https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/323402

ここからは、余談ですが

タキシードの時は、何故サースペンダーなのかご存知です?これにも訳があるんですよ。

サスペンダーで吊ってるほうがシルエットが綺麗に出るからなんです。

ウエストにベルトを巻くことでシルエットが崩れてしまう。そんな理由からなんですね。そして、サスペンダーで吊ることで、側章(脇に縫い付けられているライン)もまっすぐ綺麗に見えて良いとのことです。

裾は決してタブらせないように調整して着るものなんですね。

安易に友人の結婚式で着るときも、最低限の着るマナーを持って着ることで、一目置かれる男性に見られると思いますよ。

庶民には、タキシードなんて着ること人生に何回あることか?ですけどね。

日本人の世界でくすぶっている訳/教育の問題点

今日は、我々の世代子育てをしている人も少なく無いはずだと思う。今回のコロナウイルスの影響で、違和感感じた人も多いと思いますが、「この国の教育」について。

つい最近になって学校は再スタートしたものの、これからどうなってくのだろうか?考えてもいない子育てパパママは居ないと思います。

間違えなく、この先の社会は僕ら世代がこの国で受けてきた教育では太刀打ちできなくなるだろうと自分は思います。

調べてみると、様々な意見はあるものです。これ、一度では理解しにくいし、日々状況が目まぐるしく変わる世界なのでかいつまんで、これはそうだよなってことだけ書いてみます。

そもそも、日本の教育って継ぎ足し継ぎ足しなんですね。

つまり、こういう教育制度があってそれが良いから今までのこれを廃止して、この制度でやってきましょう。というわけでは無い。

一応、古い制度も残したまま、「これ、やらなきゃいけないね。」で、足していくんだそう。

だから、めちゃくちゃわかりずらくなる。これが、現状。

具体的ところをあげると、すごく古めかしいことやってませんか?授業参観で、自分らのころとは全く同じとは言いませんけど、

まず、「起立!」「礼!」「着席!」

これって、軍隊を育てていたころの名残りですからね。

今の、教育の世界観って結構昭和の時代の産物というか、戦前のものとかもあったりします。「起立。」「礼!」「着席!」が具体例ですね。

どういう世界観かっていうと戦前でも戦後でも一緒で、戦前だと兵隊を作る。戦後の高度成長期だと生産性の高い人間を作るという教育の至上命題だったわけですね。

大急ぎでそういう人間を育てなきゃならなかった時代なので、そういう教育になっていたんです。

誤解のない感じで聞いてほしいのですが、簡単に言うと、言われたことだけをなるべく早く正確にできる人間の大量生産が求められていたんですよね。

それは否定するべきことではなく、そういう教育があったからこそ日本の高度経済成長を推し進めたんですからね。

工場労働者と工場と世界に対するモノづくりというところで、日本はすごいってね。生産性を上げましたからね。

「24時間戦えますか?」ってCM覚えてます?

今じゃ考えられないですけど、寝ないで働くのが美学になってたみたいな。

その生産性と、正確性を武器に世界の経済大国にへと発展していったのですから。

その下支えになっていたのが、日本の教育になったと言っても過言でないですよね。

でも、いまの教育にもまだのこっているじゃないですか。

言われたことを正確にたくさんこなすって。

本来であれば、これを消して今のグローバル社会に通じる人材、アイディアマンを育てるべく教育に変えてくべきなんだけど、

なんだけど、

従来の教育の上にグローバルな人材を育てる教育をのせてるじゃないですか。

だから、早く正確ににたくさん作る人材としても中途半端で、グローバルな人材としても中途半端な人材ができあがってしまうんですよね。

だって、やることが多すぎですもんね。

20年50年も前の教育に上乗せ上乗せしてるんですからね。

教えることが多すぎるがために、中途半端な人材が育つって問題ですね。

これって、日本古来からの文化なんですよね。既存のものを捨てられないっていう。

日本人って割とモノ捨てられない人多いじゃないですか。遺伝子レベルに刷り込まれてるんじゃないですかね。

現代では、モノを捨てられない。既存のものにい上乗せしてくって、結構致命傷だと思いません?

現代って、変化していくこと、そしてそのスピードがめちゃくちゃ要求されるじゃないですか。グローバル視点で。

そのときに教育現場に限らずとも、やることがめちゃめちゃ多いしかも、昔のもう必要のないものにリソースを割くのって致命傷と言うしかないですよね。

日本が、今、世界の競争でくすぶってるのってこういうところから原因があるんじゃないですかね。

エアリズムカーディガン使えるよ!

昨年にも発売されていたものでしたが、買うタイミング逃したので今年買うことにしました。ユニクロさんのエアリズム素材のカーディガンです。

エアリズム素材の良さを知っている人なら理解もはやいかと思いますが、夏の時期には、もう最適なんですね。我々40代ともなると、汗をかくことになんか罪悪感あったりするんでね(匂いの原因を作ってしまう笑)

クールビズに取り入れると良いと昨年から好評だったこのアイテムです。

今回、昨年よりバージョンアップしリリースされたとのことで早速買ってきました。

私、身長168cmなのですが、サイズはMを選んできました。

色は黒を選びました。しかも、今はセール¥990(税抜き)で買えますので、ちょっと気になっている方は人気の色、サイズはなくなってしまう可能性大なので、試してでも購入してみてはいかがですか。

色は全部で5色ですね。

UVカットエアリズムカーディガンのポイント

まず、1点目は素材です。ほんと良いです。

春夏の素材の、天竺やスーピマコットンなどの素材のこのようなライトアウターがありますが、通気性、速乾性が優れているので、着ていてストレスが少ないです。

ですが、このカーディガン。直に見てもらうと気づくと思います。素材が、肌着用のエアリズムと違う素材感です。

エアリズムの肌着みたいなテロテロな素材を連想するかもしれませんが、これは違います。適度なツヤ感が、安っぽさを出さず高級感を出しています。

春夏用の素材のカーディガンで、このくらいのツヤ感のはそうないと思います。

秋冬だとハイゲージのウールのニットカーディガンでこのくらいの上品なツヤ感をだしているんですけど。

なかなかニット以外で、しかも春夏では珍しいと思いますよ。

夏のクールビズスタイルで、ジャケットなしでも一枚羽織っておきたいという場合に、カーディガンを選ぶシーンって多いと思います。

この時期のものってコットンやリネンのものが多いんですが、どうしてもこれらの素材だとカジュアルによってしまいがちなんですよね。ツヤ感がでないんですよね。

サマーウールのものを選ぶのも手ですけど、暑いです。

そういう意味でも通気性もよくかるく羽織れるこのカーディガンがベストかなと。

白シャツの上に一枚羽織るだけでもきっちりした感じがでます。

少し、厚みがありちょうどよいツヤ感もあるのでクールビズにも使えると思いますよ。

この厚みもよく考えられていると思います。

中にシャツを着ると、薄手のカーディガンだと中のシャツのゴワゴワした膨らみが表に響いてしまうものなんですが、それを感じさせない感じに着れます。

2つ目ですが、ボタンが良い具合になってます。

じつは、メンズの服ってボタンがとても重要なんですよ。装飾の少ないものなんでボタン一つで表情が一変すると言っても過言ではありません。

私のサラリーマン時代にも度々経験したことがあるんですが、製造コストを考えて企画を作っていくときに、結構ネックになるのがボタン代なんです。

されどボタン。ですが、

結構、キモなんですよね。ベイシックなデザインの服の企画の時に選ぶ基準をさぼれないところなんです。その点、このカーディガンのボタン。

問題ないですよね。サボってないですよね。

業界の人の裏話ですけど、素材が安価なものを使っていてもボタンやジップなどのパーツにめちゃめちゃこだわるブランドさんってあるんですよ。

そういうとこの製品って、仕上がるとめちゃめちゃ高級に見えちゃうんですよね。

これほんとです。

生地が、工場に入荷されてきたときは、「なにこれ?」なくらいではじまるんですけどね。

最後の方の工程でジップやボタンなどつけた途端に変身するんですよね。

3つ目、シルエットです。

カーディガンって基本的にインナーにシャツは着るものです。なので、あんまりタイトにしてしまうと着づらくなる。

身幅を増やすと今度は、着ぶくれしてしまって。。。

着ぶくれさせず、着心地のよいゆとりをいれてきたときにスッキリした感じに見える絶妙なサイズ感。これが、わりと実現されているものだと思いますよ。

特に、個人的にきにいったのは裾の締め付け具合ですね。カーディガンって裾の締め付けで、立ち上がった時にダボつく感じをいちいち気にすることないですかね。

カーディガンって、そもそもは防寒のために作られているので裾部はリブできつめに締まるように設計されていますからね。

そのデザインは残しつつ実際は締め付けにならないような仕様になっています。

ストンと落ちます。

袖の仕様も同じようになっていますね。

着こなしですが、シャツで合わせた例をご紹介していますが、インナーにTシャツを持ってきても良い感じになるかと思います。

カジュアルになりすぎない大人な感じに着こなしできるお勧めできるアイテムでした。

気になった方は、ユニクロでお試ししてみてください。

コロナで影響を受けた職業

コロナで今の時点での影響について経産省がわかりやすい資料を発表されました。

経産省資料

令和2年6月17日発表のものです。

世界経済はリーマンショック級の下落を想定

  • 日本企業の84%が売り上げダウン
  • 失業者数が爆発的に増加
  • 格差がますます広がっていく
  • 6つのトレンドが加速する

厳しすぎる統計データ

リーマンショック時以上の下落になるということです。

世界全体の実質GDP成長率はー5.2%、リーマンショック時のー0.1%よりもはるかに下回るということなんですね。

これからどうなるのかは、誰にも分らないことですけど、世界中で金融緩和を行って経済活動を停滞させないようにとお金がばらまかれています。

で、株価が上がりまくって、

コロナ禍で富裕層はますます豊かになっている。以前、ブログにもかかせていただきました。

https://lust.co.jp/wp-admin/post.php?post=1047&action=edit

労働者の格差が広がる理由

6つのトレンドが加速されていくという資料を見てほしい

この資料の6つのトレンドを見るからに、より格差の広がる理由が容易に考えられる。

より深刻な労働者格差とは

所得水準の低い就業者は、新型コロナの影響を受けやすく労働市場での格差拡大につながる可能性が高い。

非正規雇用者の失業率もとても深刻な状況の今です。

何を言っているかというと、リモートワークが難しく人との接触が多い職業での就業者が、新型コロナによる影響を最も受けやすい可能性。


こうした職業では、新型コロナ以前から平均所得が低く、より所得格差が拡大する懸念。

どんな感じの職業科というと、

ショップの店員さん、保育士さん、建築現場の作業員などほかにも何種類もありますが、まとめていうと、現場系の仕事のことです。現場に行かないと物理的に仕事にならないような職種です。

この資料を見るとわかると思います。

私も20代のころは、現場仕事を数々しておりましたが、すごくリアルな数字ですね。

20年前と、そんなに変化していないんですね。

見たらすぐに気づくかもしれませんが、リモートワークが可能な職業のほぼ半分の賃金なんですね。

リモートワークができないということで、現場仕事というものが激減している、それで、現場の仕事に出るのなら感染のリスクもグンと増す。

なんだかなぁー。。。で、賃金も低い。。。

これ、バカにしているわけでは無いですが残酷な現実ですね。半端ないんですよ。肉体的な疲労も勿論、接客もしなければならないともなると精神的にもね。

どれも尊い仕事だし、なくてはならない仕事。

この仕事に生きがいをもってやられている方もおりますし。

ただ、ウィルスの影響を思いっきり受けています。

ここから、失業者も増えてくるとなると不満は爆発してしまう可能性もあります。

日本は大きなデモとか暴動とかは、ほとんどない国なんですが、

これが自殺者の数字とかに表れてこなければよいと思うのですが。

リモートワークができる職種の社員は、マシなのか?

これが、マシなのか?というとそうでもないようですね。この機会で色々とあぶりだされてきているとききません?

「無能な社員は、リストラされます。」

急激なテレワークの進展をうけて、今まではメンバーシップ型といいまして会社にとりあえず出社して、席に座っていれば仕事をしていると認められていた社員の仕事の成果の有無が明らかになってしまったということですね。

なんとなく会社に出てきて、そこにいれば良かったことが無駄だということが、浮き彫りにされてしまったというのですかね。

勤務の管理がメンバーシップ型の時間管理から、ジョブ型雇用に。

リモートによる仕事によって、誰がどんな仕事をしてどんな成果を出したかが明確になってしまっているということで、

ジョブ型雇用に対応できない社員はサクッとリストラ。ですね。

リモートで仕事ができる、いわゆるホワイトカラーの労働者は、大丈夫なんじゃない?って思われますけど。

ほんとにこれからは、成果主義になってくるのでこれはこれで厳しくなってくるんですね。

デジタルに苦手な、専門性のない40代50代ですね。

コロナ前でも僅かですが、現実に起こって入ると聞きますが、さらに加速していくんでしょうね。

私もサラリーマンのころの上司にもいましたよ。メールを印刷して読んで、返信をFAXするという荒業をしていた人(笑)。

今頃、どういきてるのか?私はしりませんが。。。

いずれにしても、低賃金で接触の多い仕事をしている人もメンバーシップ型で、会社に言われるがままに仕事をしてきたホワイトカラーの人もこれから、結構厳しい現実を迎えていかなくてはならないということですね。

今の現実をまとめると

政府の財政のバラマキで、富裕層はさらに豊かに。

とはいえ、これはバブルだと言われているので、弾けてしまう可能性があるものです。

マイナスになることもあるのですけど。

一番怖いのは、低賃金の現場労働者の減給、失業。

成果を出せないため無能と判断されるホワイトカラーの労働者のリストラ。

そもそも、日本は生産性の低い会社が先進国の中では多いと聞きます。原因は色々あるようですが、まずデジタル化が進んでいないことも原因の一つだと指摘されてるようですが。

なので、給料の低い労働者が比較的に多い日本。

このコロナ禍で、生産性の改善の傾向は見られません。統計上の結果にはないです。

そして、ウィルスは未だ収束したわけではないんです。

第二波、第三波はおそらくやってきます。

そう考えると、まだまだ経済というのは厳しくなると。

これからの社会はどうなるの?

最初に添付している資料の77~82に記載がありますが。

1、接触回避、デジタル化オンライン化の加速と書いています。

ざっくり言うと、デジタル&リモートの仕事なら食いっぱぐれない。ということですかね。

これからの社会が、デジタル化しあらゆることがリモートになるんですね。例えば、教育なんかは今までは学校に行って授業をうけていましたけど、最近ではリモート授業。

試験的ではありますが、オンラインでの講義をする学習塾が出てきたりしています。

今までアナログで行われてきたことがリモート、オンライン化に変化していくことで新しい産業ができそういったところでお仕事に就ければ食いッぱぐれることもないでしょうとのことです。

2.職住不近接:地方居住・生活地選択の自由拡大、労働市場のグローバル化

これは、若者だけとは限らないのですが、地方で暮らしたいと思っている人が増えているとのことです。

地方勤務に積極的な若者が増えてきているのです。

職種に限りはあるとは思いますが、リモートでもできる仕事が増えてきていることでこのような現象がでてきているみたいです。

都会の仕事をリモートワークで、地方に住んで働くスタイルですね。

確かに、都会の満員電車とか大変ですからね。できることなら、そういう働き方を望む人が増えていくのも分からなくもないです。

タワマンはオワコン化するかもしれませんね。

玄関でたら、すぐオフィス。みたいな。

3.ギグエコノミー:デジタル技術を活用した新しい働き方、無人化・AI化の進展

ネット完結で、サクッと稼ぐ時代。

例でいうと、UberEats。

スマホ一つで自分の仕事をゲットして、働いたらスマホを介してお金が入ってくる。

このような、トレンドがやってくるだろうとのことです。

4.社会のリスク補完の必要性増大:失業・貧困・高齢者・保健衛生・インフラ対策

劣化した公共サービスを作り直す機運!

明治くらいから変わっていない公教育なども作り直す良い時期かも知れませんね。

5.グローバリズムの修正:国家の役割増大と不十分なグローバルガバナンス、経済安全保障の定着

国家間のパワーバランスが崩れているということですね。

ざっくりと、米、中、欧州などに分けられてますが、

今回のコロナウィルスに関しては、米、欧州には多大な被害が出ています。ですが、アジアに関しては米、欧州ほどではないです。

簡単にいうと、中国が強めになっていますよね。

日本はそうでもないですけど、諸外国にだと国家の力が国民より強くなっていますね。

外出禁止で厳しい取り締まりをしているニュースなどをみると明らかですけど。

6.社会理念・価値観の変容:危機時の集団対応力、持続可能性や民主主義の在り方

ちょっと、難しい記述ですが、

「資本主義のグレートリセット」を謳っているようです。

より公平性のある市場に作り直しましょうということです。

とはいえ、格差はひろがっていくことでしょう

そんな簡単には、社会は変わってはいかないと個人的にはおもいます。

しかし、こういった資料を見たうえで。

自己責任で変化に対応していくべきではないでしょうか。

私も最近は意識的に探って入るんですが、今回のコロナウィルスのような有事はまた姿形をかえやってくることでしょうね。

なので、リモートで稼ぐスキルをみにつけるべきかなと思うところです。

しかし、巨大な地殻変動の今はチャンスではないかと考えています。

今まではクスぶっていたけど、この機会に生まれ変わってくことを楽しむのもありかな!

ロケットマン

伝説的なミュージシャンのエルトン・ジョンの半生を描いた映画です。

多くの国で公開され大ヒットした作品ですね。

この監督もう一作大ヒットした作品に「ボヘミアン・ラプソディー」があります。

どちらも、半生を描いた映画ですが、ミュージシャンの半生を描いている分ミュージカル的に見てみても中々のものだと。

どちらが良いかは好みの問題ですが。

今回はロケットマンについて簡単なあらすじから、

ストーリーは、すでにスターダムに上り詰めたエルトン・ジョンが、自らの生い立ちを振り返るところから始まります。

ちょっと内気なナード少年だったエルトンことレジー・ドワイトは、家を不在にしがちな父親のジャズ・コレクションから音楽を学び、早くからピアノで才能を発揮します。

レジーは王立の音楽学校でクラシック・ピアノを学ぶ一方、アメリカからやってきたエルヴィス・プレスリーをはじめとしたロックンロールの洗礼を受け、虜になります。10代後半になった彼は、アメリカから巡業でやってきたソウル・ミュージックのシンガーのバックアップ・キーボードの仕事などもやるようになります。

そして20歳を過ぎた頃、レジーは名前をエルトン・ジョンと改め、音楽出版社に自分を売り込みにいきます。

その出版社でエルトンは運命的な出会いをします。有望な若手作詞家のバーニー・トーピンを紹介されたのです。バーニーとソングライティング・チームを作ったエルトンはここをキッカケとして、思いもかけぬ成功への道を歩むことになります。

彼は1970年にLAのライブハウス「トルバドール」でレギュラー・ライブを任されますが、フォーク・クラブとして有名な、その当時の人気シンガーソングライターの登竜門的なところでエルトンはあえて爆発的なロックンロール・ショウをやって人気に火がつきます。

出典 https://www.udiscovermusic.jp/stories/elton-john-facts-rocketman-movie

余談ですが、この映画ではエルトンの代表的な、

大ヒット曲の数々だけでなく、初期の比較的無名な曲も取り上げている。

例えば1970年のシングル「Rock And Roll Madonna」や、初期に組んでいたギタリストのカレブ・クエイと共作曲である1968年の「Thank You For All Your Loving」といったアルバム未収録曲である。

エルトンのショーは派手にエスカレートしていき、人気も当代きってのトップクラスになります。

気がつくとエルトンは、この当時最も派手なロックスターになっていました。

そして派手になり行くのはスポットライトの下の姿だけではありません。ドラッグもそうだし、セックスも!その頃にはすでにエルトンは、自分が性的に求めるものもハッキリとわかっていました。

しかし、こうした生活をしていくうちに様々な危機も訪れ始め・・

・・と、ここまでにしておきましょう。

ボヘミアンラプソディーと比較して

これは、ファンタジー映画。ボヘミアンラプソディーのようにあくまで史実にそった話ではなく、エルトンジョン本人が製作に携わり、エルトンジョンの華やかで激動の半生をファンタジー、ミュージカル調で描くとのことです。

また、ボヘミアンラプソディーでフレディマーキュリー役を演じたラミマレックは歌については口パクで、フレディ本人の声を編集したものを本編で流していましたが、今作はエルトンジョンではなく、主演のタロン・エガートンの生声がそのまま本編で流れます。

これが主なボヘミアンラプソディーとの違いですね。

これは、「愛」の物語

アル中、ドラッグ中毒のエルトンが子供時代を回顧録として話すところから始まります。

少年レジー・ドワイトは親から全く愛されない、孤独な子供でした。

父親はようやく家に帰ってきても、ハグすらしてもらえない、というか会話すらできません。レジーが音楽好きの父親のためにレコードの話をしようとしても、「黙れ!」と言われるだけ。

母親は、レジーの最低限の世話はしているものの、レジーに対する愛情は殆ど無く、これは後々のことですが、「お前なんか生まれてこなきゃ良かった!」などと言う始末。

エルトン・ジョンという1人の男の激動の生き様を、スピーディーかつエモーショナルに、生き生きと描いた涙なしでは見られない素晴らしいミュージカルエンターテイメントでした。

黒烏龍茶飲んで、脂は無かったことに

緊急事態宣言の自粛中にちょっと肥えましたって人。

私も仲間です。

急な運動始めようにも続くわけないし、歩くことからくらいならって感じですかね。

食事から気を付けるくらいなら今すぐにでもと思い。コンビニでもよく目にする飲み物を試してみてます。

「黒烏龍茶」

アマゾンでも気軽に購入できました。

気になるので、少ししらべてみました。

体に脂肪がつきにくい、脂肪の吸収をお抑え脂肪の排出量を増やしてくれる。

烏龍茶重合ポリフェノールの働きで、食事の脂肪対策になる。食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。

20パーセント減ると調査結果もあると、メーカーのホームページでも参照できます。以下に引用しておきますが、20%を日々続ければ塵も積もれば。。。ですよね。

出典 https://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/about/

血中中性脂肪の上昇を抑えてくれます。

  • 「黒烏龍茶OTPP」は、独自の製法によって、脂肪の吸収抑制効果がある「ウーロン茶重合ポリフェノール(=OTPP)」を多く含んでいます。ヒト試験では、食事と一緒にOTPP強化ウーロン茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、食後の血中中性脂肪の上昇が約20%抑制されるという結果が出ました。被験者:血中中性脂肪値 100-250 mg/dLの成人男女20名
    高脂肪食とともにOTPP強化ウーロン茶(1本あたりウーロン茶重合ポリフェノール68mg含有)または対照飲料(1本あたりウーロン茶重合ポリフェノール8mg含有)を1本飲用し、飲用直前から飲用5時間後の血中中性脂肪値の推移を測定。データは平均値 薬理と治療 32(6)335-342(2004)より改変

尚、脂肪がついたな?って気になっているところに、このお茶の効能は脂肪をつきにくくするというデータもあります。一日2本を食事の時に飲むということで効果が出るとのことで。

食事でとった脂肪は、小腸で「リパーゼ」という酵素によって吸収しやすいように分解され、体内に吸収されます。それが中性脂肪になり、結果、血液中の中性脂肪は上昇します。

黒烏龍茶に含まれる「ウーロン茶重合ポリフェノール」が、「リパーゼ」の働きを鈍らせます。よって、脂肪吸収が抑えられ余分な脂肪が体外に排出されます。

出典 https://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/about/

2.糖質、タンパク質は、0g

3.味は、ウーロン茶を少し渋くした感じですね。苦いというまでではないですけど。烏龍茶とそう味は変わらないです。

毎食に1本飲むくらいで効果でそうです。

間違えないで理解してほしいのは、これを飲んだら痩せるというわけではないです。これを飲む食事の時に飲むことで、脂肪吸収を抑えるなどの効果で、太りにくくしてくれるということですね。

普通のお茶よりちょっと割高なものなんで、僕はまとめ買いにして少しコスト下げれたのかかなって感じです。

毎回飲むというか、脂っこい食事の時に飲むってイメージで入れています。

焼肉の時とか?なイメージですね。

飲みすぎることによる副作用はあるの?

個人差はあるようですけど、人によってはお腹を下すこともあるようですよ。体調に合わせて量は調整するべきですね。

また、食前にとりすぎると冷えによって内蔵の働きが悪くなったり、胃液が薄まって消化不良を起こす場合もあります。

黒烏龍茶に限らず、食事中の水分摂取には気を付けましょう。

療養中であったり体重減少が激しい方も、黒烏龍茶は控えた方が良いでしょう。

あくまで、先ほども述べましたが脂っこい食事の際のサポート程度で捉えてくれればですね。