黒烏龍茶飲んで、脂は無かったことに

緊急事態宣言の自粛中にちょっと肥えましたって人。

私も仲間です。

急な運動始めようにも続くわけないし、歩くことからくらいならって感じですかね。

食事から気を付けるくらいなら今すぐにでもと思い。コンビニでもよく目にする飲み物を試してみてます。

「黒烏龍茶」

アマゾンでも気軽に購入できました。

気になるので、少ししらべてみました。

体に脂肪がつきにくい、脂肪の吸収をお抑え脂肪の排出量を増やしてくれる。

烏龍茶重合ポリフェノールの働きで、食事の脂肪対策になる。食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。

20パーセント減ると調査結果もあると、メーカーのホームページでも参照できます。以下に引用しておきますが、20%を日々続ければ塵も積もれば。。。ですよね。

出典 https://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/about/

血中中性脂肪の上昇を抑えてくれます。

  • 「黒烏龍茶OTPP」は、独自の製法によって、脂肪の吸収抑制効果がある「ウーロン茶重合ポリフェノール(=OTPP)」を多く含んでいます。ヒト試験では、食事と一緒にOTPP強化ウーロン茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、食後の血中中性脂肪の上昇が約20%抑制されるという結果が出ました。被験者:血中中性脂肪値 100-250 mg/dLの成人男女20名
    高脂肪食とともにOTPP強化ウーロン茶(1本あたりウーロン茶重合ポリフェノール68mg含有)または対照飲料(1本あたりウーロン茶重合ポリフェノール8mg含有)を1本飲用し、飲用直前から飲用5時間後の血中中性脂肪値の推移を測定。データは平均値 薬理と治療 32(6)335-342(2004)より改変

尚、脂肪がついたな?って気になっているところに、このお茶の効能は脂肪をつきにくくするというデータもあります。一日2本を食事の時に飲むということで効果が出るとのことで。

食事でとった脂肪は、小腸で「リパーゼ」という酵素によって吸収しやすいように分解され、体内に吸収されます。それが中性脂肪になり、結果、血液中の中性脂肪は上昇します。

黒烏龍茶に含まれる「ウーロン茶重合ポリフェノール」が、「リパーゼ」の働きを鈍らせます。よって、脂肪吸収が抑えられ余分な脂肪が体外に排出されます。

出典 https://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/about/

2.糖質、タンパク質は、0g

3.味は、ウーロン茶を少し渋くした感じですね。苦いというまでではないですけど。烏龍茶とそう味は変わらないです。

毎食に1本飲むくらいで効果でそうです。

間違えないで理解してほしいのは、これを飲んだら痩せるというわけではないです。これを飲む食事の時に飲むことで、脂肪吸収を抑えるなどの効果で、太りにくくしてくれるということですね。

普通のお茶よりちょっと割高なものなんで、僕はまとめ買いにして少しコスト下げれたのかかなって感じです。

毎回飲むというか、脂っこい食事の時に飲むってイメージで入れています。

焼肉の時とか?なイメージですね。

飲みすぎることによる副作用はあるの?

個人差はあるようですけど、人によってはお腹を下すこともあるようですよ。体調に合わせて量は調整するべきですね。

また、食前にとりすぎると冷えによって内蔵の働きが悪くなったり、胃液が薄まって消化不良を起こす場合もあります。

黒烏龍茶に限らず、食事中の水分摂取には気を付けましょう。

療養中であったり体重減少が激しい方も、黒烏龍茶は控えた方が良いでしょう。

あくまで、先ほども述べましたが脂っこい食事の際のサポート程度で捉えてくれればですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です