創作暖簾~Like a child’s finger play  at northry japan

ライフスタイル

今回のご依頼は、今春にオープンする施設で使う暖簾です。

オーナーは、陶芸家です。

国外での活動が長い方でのようで、枠にとらわれない感覚があり

当初の依頼の際のスタンダードなものに

ショップロゴをプリントする予定から

「この施設の中では、どんな面白いことがまっているのか?」

そんなワクワクを連想させるような看板的な暖簾を期待されてるようでした。

施設事体は、おそらく昭和からの古民家というか大きな建物なので

きっと当時はどこかの会社の社員寮なのか?

大きな玄関、

玄関入ってすぐは、天井を抜いて吹き抜けに改造されていて

細部はオーナー自らクロスを張り替えたり。

クロス一枚も和紙を一枚ずつ塗っていて

既成のものではない雰囲気の場所ですね。

生地つくり~白には白

白にも色んな白がある。

全部合わせて組み合わせたらきっとどこにもない柄になってくれます。

それゆえに、「Like a chiid’s finger play」

子供が指遊びをするように、

白と白を組み合わせて、縫い合わせていきます。

裁断する

ここからは整理して、実用性あるように整える作業です。

型紙をあてて裁断します。

3通りの接ぎ、テープとステッチにもアレンジを入れて。

端処理

布端は、バイヤステープで処理していきます。

仕上げ

暖簾棒を通すタブを縫い付けてきます。

仕上げ~設置

三枚を縫い合わせて完成です。

南向きのエントランスなので、日焼けによる経年劣化が

素材ごとに異なると思うのでそこらへんも楽しんでみてほしいところです。

部分的に透ける生地を組ませているものどうですか?

エントランスまでやってきたときに、

「覗き窓」?

みたいで、中の様子がどうなのかワクワクさせてくれませんかね?

中には

陶芸というと、敷居の高い伝統のある工芸のようにとらわれがちですが、

こんな遊び心をくすぐるカップなどで、

コーヒーを楽しめたりできます。

もうすこし、工事がすすんできたらまたご紹介してきますね。

「Northry」

陶芸&カフェアートギャラリーのインスタグラムは以下になります。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました