新しいことにアレルギーを感じてたら、もうオッサンだよ

柔軟に新しいことに、アレルギーを感じているままじゃ。

子供たち、若者達には、

ただのおっさん扱いだよ。

「勉強もしないで、ゲームばっかりしてるんじゃ無い!」

どこの家庭でも、よく聞くフレーズの様だけれどね。

今の、世の中にはゲームなんてそこらじゅうにある。

僕に関しては、十代の頃でゲームで興奮する気持ちは、枯れてしまったけど。

自分の子供達が夢中になってるものだから、

こう考えた。

接待ゴルフならぬ、接待ゲーム。

ニューノーマルならではの、接触要らずのリモートでもイケる。

新しいことを取り入れることにアレルギーを感じるのは、根本的には人間らしい反応だそう。

子供は、良い意味で空っぽだから新しいことにアレルギーは感じることなく、詰込みまくりだ。

ただ、過去の記憶の蓄積のある我々はそれと新しいことをブレンドして、

もっと愉快で斬新なことを生み出しちゃえ!

ってくらいな生き方が心地良いのではないのでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です