モテ服ってある?

結論から言いますが、人間の好みは千差万別。100%なモテ服は存在しません。

あくまで個人の主観の問題ですので、こればかりは100%にはなりませんが、

そもそもです。おしゃれをする意味って意中の人に好意に思ってもらえるようにって目的が一つにあったりするじゃないですか。

例えば、意中の異性とのはじめての食事に出かける日に彼女の好みに合う服装にして出かけたい。

ですが、これってノーヒントですよね。

こんな服を着てる人が好き。

そんな情報、つきあってそこそこの時間が過ぎていって初めて得られる情報ですからね。

評価70点の万人ウケするモテ服をねらう

モテ服について語る前に女性は男性に何を求めているんですか?

これを考えてみましょう。長い人類の歴史から考えれば明らかなことなんですね。じつは。

根本的には2つです。

  • 大人っぽさ
  • 清潔感

なぜ、大人っぽさがモテるのか。太古の昔であればどういう男性がモテたと思いますか。当たり前ですけど、自分と子供守ってくれる、狩りをして獲物をもってきてくれて自分たちを守ってくれる男性がモテるわけです。

あたりまえですね。

これは差別でもなんでもなくて、身体上の問題ですけど女性ってのは我々男性よりも弱い存在なんですね。

基本的には男性は女性を守らなくてはならない。家族を守らなくてはならない。

だからこそ、守ってくれる男性を好むってのは生物としてあたりまえ。子孫を遺すうえで、自分の生命をのこすうえであたりまえ。

僕ら男性よりも弱い体をもっているから、守ってくれる男性を頼るわけですね。

原始時代だったら、自分に食糧をもってきてくれる、子供を守ってくれる力強さが男性には求められてきたんですね。

ですが、現代において力強さの象徴→筋肉

これは、女性を守るためのもの

女性を守る=筋肉

これには、なっていないんです。

まぁ、街でヤンキーにからまれて力でねじ伏せて「助けてくれて、ありがとう♡」

なんてB級アニメみたいな場面なんてそうあるものでもない。

現代において男性の力を示すものとは、差別の意味とかでないので誤解はしないでほしいんですが、

「社会的地位」

反対に太古の昔は「筋肉」

この理論って結構リアルじゃないですかね?

知識も少ない子供の頃と比較して、たとえばクラス会とかに呼ばれて、子供のころは筋肉が人より発達していた子は運動が得意だったりしたじゃないですか。

走るのが速かったりとか。

当然、モテましたよね。

しかし、数十年して当時クラスでは、まぁソコソコな子でも努力して、そこそこのビジネスをしていたり、

少し名のある会社のそれなりの地位になっていたりと変貌しているだけで、

女子の評価は、当時とはまた違ったものになっているじゃないですか。

現代においては当然なんですけど、お金があって社会的な地位があることは、家族を守る力があるということになりますよね。

なかなか、現実的でエグイ話になっちゃいますけど。

じゃあ、女子たちはお金持ちです感たっぷりに全身ハイブランドの洋服をきて、歯は金歯。

「俺、お金もち!」アピールな服装がウケるのではないの?ということには、当然なりませんよね。

そんな単純ではないんですよ。

ただ、社会的な地位があるように見せるのは現代においては力をみせる象徴なのは確かです。

で、大半の女性が好む男性の服装は「スーツスタイル」。

ホワイトカラーとブルーカラーの労働者を区別する上で分かりやすのが、作業着をきているのかスーツを着ているのか。

一般的な考えで、スーツをきて仕事をしている人のほうが社会的地位の高い人間が多い。

「ちゃんとしている。」安易にこの主張ができる服装でもあります。

だから、女性はスーツスタイルを好む傾向になります。

あくまで傾向なので、ジーパンとTシャツ、スニーカーが良いという人も皆無だとは言えませんがね。

普段着るものに、スーツのように「大人っぽさ」を組むと良い

先ほどまでお話しましたが、現代において社会的地位の高さ=家族を守る力と。

要は、大人の男の服装においてキチンとしているか?という点において女性は見ているんです。

でも、普段着にもスーツをしっかり着るって駄目じゃないですか。

初デートが例えば、ディズニーランド。

スーツで登場=ドン引き

でしょうね。

スーツの要素を普段着の中に入れてあげるんですね。

これが、大人っぽさを表現できる一つ目の要素なんですね。

おわかりだとは、思いますけど。普段着にもジャケットとか、シャツ、細身のスラックスなどを混ぜ込むんですね。

何故、清潔感は必要なのか

勘違いしてないけないのですが、男性的な考えの清潔感と女性的な考えの清潔感。

男性的には、風呂も昨晩は入ったし、今朝は歯を磨いたし。

まぁ、こんなところですよ。

ですが、これが違うんですよね。

女性からすると、ここまでは当たり前。

たとえば、爪がのびていないか?爪が黒ずんでないか?

鼻毛でていないか?

靴下がボロボロで穴とか開いていないか?

って、こんな些細なことと思うじゃないですか?

ですが、モテ服を意識すのであれば、この理論は知っておいても損はないと思います。

そもそも、生物学的には女性は受け身になるんですね。

ですから、不衛生なものとかウィルスから身を守らなくては生きてこれなかったと。

人類の進化の過程において、女性にはこの性質が生まれながらに持っている訳なんですね。

受け入れる側だからこそ清潔感を重視する。

では、どんな服装が良いのか?

最もテンプレート的で当たり障りのないスタイルですが、ジャケットに白Tシャツ、スキニーデニムな感じでしょうか。

当たり障りのないスタイルですが、インナーの白Tシャツをいれることで清潔感があるように見えるはずです。

靴は、写真のモデルは、ブーツを合わせていますが白のスニーカーでもっとカジュアルしても良いですね。

大人っぽさと清潔感の両方をクリアできていると思います。

Tシャツが白を着ない場合でも、どこか一点に白を見せるでも清潔感が演出できるはずです。

例えば、全身黒コーデであっても白スニーカーを一点入れるだとか、

Tシャツのインナーに白タンクトップを着て裾から少し見せるなど。

応用編ですと、こんなのもどうですか。

黒の大人っぽいコーデに一点だけ、柄物を入れてあげるんです。

女性って、男性が原色系の色味の柄物をうまくコーデしていると。意外とほめてくれるんですよね。

例えば合コンなどで初対面の女性と何らかの服装など会話のきっかけになることって何だと思いますか?

これは、知っておくと結構役に立つと思います。

服装について、僕ら男性目線の良し悪しの基準って女性とは違うし、

正直よくわからない人多いのではないですかね。

ですが、経験ある人もいるかと思いますけど、大概褒められたり何らかのきっかけって、

「ネクタイかわいいですね?」

「マフラーかわいいですね?」

「帽子かわいいですね?」

思い出してみて心当たりあるかも知れませんよね。

小物なんですね。小物に少し気を利かせるだけでも、モテ服の印象アップに近づけることが可能なんです。

僕らも女性の服装をほめるとき、小物を褒めたりする方がなんか当たり障りないし、良し悪しの基準もわりと判断しやすいと思いませんか。

なので、小物にちょっと気遣ってみること。

アザトイかも知れませんが、あえて女性ブランドのストールをうまく取り入れてみるだとか。

これは、かなり評価あがりますよ。(実証済)( ´∀` )

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です