シャツの裾を出すか出さないか?

今更何を?ですよね。

インするのはおじさんの代名詞的に言われてる節もあるんですが、

そもそもシャツは、インして着るものでした。

洋服好きな方であればこんな話を今更だとは思いますけど。

あの裾の弧を描いたカーブは、昔はボタンがつけられていてパンツの替わりを果たしていたものの名残なんです。

なので、裾を出す行為はその昔はハレンチな行為に値したようなんです。

今は赤ちゃんの着るロンパースには未だついていますよね。

あれは必要だからついているんですけどね。

大人の男のシャツの裾は出すには、ちょうどよい丈を極めてほしい

はっきり言うと好みの問題なのでどちらでも良いのですけど、出すには野暮ったく見せない丈で見せるべきだとお勧めしたいんです。

手持ちのシャツで出してみるとお尻が隠れてしまうものありません?

これは、メーカーの企画の時点でインして着るように作っているものです。なので、インするべきのものです。

しかし、カットしてでも着たいものもしくは、最近はM→Lにサイズが変わってまってとなるとカットして着ることもあり得るかと。

なので、程よい着丈とはどのくらいなものか参考になればと解説させていただきます。

見た目的な要素でいうと、お尻が隠れるか隠れないか程度の長さが、裾をだしてもOKな丈です。

せっかく、白の清潔さたっぷりのを着てお尻がすっぽりと隠れるほど長いのを着ていたとしたら野暮ったい印象を与えてしまいます。

少しだけでも、シャツの着丈を意識しているのとしていないのでは、着こなしに決定的な差が出てしまいます。

着丈は基本的に後ろ着丈を表記してます

参考になる着こなし例は次回の記事でアップしてきますのお楽しみください。撮影用の簡素な機材購入できました。

あとは、撮るだけです。おたのしみに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です