ボーダーTシャツを、カッコ可愛く着る

ボーダー柄Tシャツ、毎シーズン色々なショップで売られてますよね。

ハイブランドからファストファッションまで。

見た目に何がどう違う?とか、そこら辺の区別はちょっと専門的に生地の織り方とか面倒な話になるのですけど、

最も大事なのは、女子から「かっこいいですね。」と言われるのはちょっとハードルが高いんですけど、

「可愛いですね〜。」くらいの評価は貰えたら今日コーデは正解です。

例えば、参考までに。

おしゃれに見せるマストアイテム黒スキニーと合わせます。

ポイントは、パンツ裾の丈に注意してほしいです。

フルレングスで履いてしまうと、どうしても暑苦しく見えてしまいます。

ロールナップして足首を見せる、もしくはカットしてお直ししてしまうのをお勧めします。

ベストを一枚入れるだけで、さらにカッコカワイ感でます。

Tシャツの上に一枚ベストを入れるだけで、急に着こなせてる感でますね。

ポイントは、Tシャツの色味をベストに合わせるほうが良いです。

黒などだと、既製品ですぐに見つけられると思います。ネイビー系やベージュ系で探す場合でも、同じ色味であればトーンが違っていてもそう違和感なくハマるでしょう。

最初は、黒で挑戦してみるのが取り入れやすいでしょう。素材はコットン系とかがおすすめですよ。

ベストを入れると他に何が良いかというと、お腹のラインがスッキリ見えるんですよ。

Tシャツのみで着ていると、意外に気になるラインなんですよね。

我々の年齢になると。

黒いベストを持ってくるときに注意してほしい点があります。ベストって、フォーマルなデザインのもを選んだときに、

アクセサリーや靴などはできれば、カジュアルなものを入れてカッチリ感をはずしてください。

私の場合は、ベレー帽と靴はスニーカーではずしてみました。

Tシャツは、ユニクロのものです。

ベストはZARAでみつけたものです。

ベレー帽までは被らなくても、十分いけるかと思いますよ。ストローハットなんて持ってくると、季節感も出て尚良いですね。

是非試してみてほしいです。

参考までに、私のwearの投稿です。参考までに。

wear.jp/defhiro/16954349/

余談ですが海外では、ボーダー柄の意味は通じない

「へぇー、そういうもんなんだ。」くらいで、捉えてもらえればOKなんですけど。

日本のファッション業界では、

ボーダー=横縞

ストライプ=縦縞

ですが、border=境界線、縁という意味。正確に言うと。

単に、わかりやすいので日本のファッション業界でこう分けただけなのです。

世界では、縦も横も斜めもすべてストライプと言います。

例えばですが、アメリカの国旗(星条旗)も、星と縞模様で構成されているので “the Stars and Stripes” と呼ばれています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です