マスク着用によるニキビ、荒れは大丈夫?

コロナの影響で手放せなくなったマスク。

マスク着用によるニキビ、乾燥などの肌荒れトラブル。

何を隠そう、私もマスクニキビが出てしまい、対策をして改善してきました。

ニキビができてしまったら?

長時間の着用で摩擦によってニキビが口からアゴにかけてでます。私もこのケースでした。

柔らかい素材のものを選ぶのが良いところですが、マスクが選べるほど供給が少ない今です。

簡単にできる対策に。

  • マスクと肌のあいだに、コットンを挟む

マスクにコットンを挟むことで、摩擦を軽減でき摩擦ニキビを防げます。

マスク内の蒸れた状態は、雑菌の繁殖しやすい状態です。ニキビを悪化させる原因にもなります。

できてしまったら、患部を洗顔料で洗い化粧水などで十分に保湿するのが大切です。

洗顔で清潔にし、たっぷりと保湿しましょう。

マスクをしてると実は乾燥しやすくなっている

実は、マスクの中は吐く息が中で広がるので保湿されているように思われますが、

マスクを外すと一気に水分が蒸発し肌の水分を奪うので乾燥しやすくなります。

乾燥した肌は表面のバリア機能が低下し細菌やウイルスが侵入しやすくなります。

唇ヘルペス、湿疹が起こりやすくなります。

他に、マスク素材に付着した花粉や埃が原因を作るケースもあります。

マスクの選び方

ガーゼマスクの方が肌にいいのか?

一概に良いとは言い切れないですが、不織布の使い捨てマスクのような化学繊維よりか天然繊維の綿でできている方が肌荒れはしにくいと思います。

不織布のような化学繊維のものを使っていて、痒みや赤みが出てきたなら、天然素材の綿のようなものにしてみるのも良いでしょう。

マスクサイズにも気をつけて

顔より小さいマスクだと、話したりする時に肌を擦って刺激になります。

マスクは着用した時に、鼻からアゴまで隠れるくらいの大きさで、ゴム紐の部分が耳に擦れて痛くならない程度のものをお勧めします。

布マスクのケアについて

布マスクのケアについては、過去の投稿でまとめてます。参考にしてみて下さい

https://lust.co.jp/2020/05/30/%e5%b8%83%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%ae%e3%81%8a%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%97%e3%81%a6%e5%bf%ab%e9%81%a9%e3%81%ab/?preview=true&frame-nonce=b56936de64

掲載写真のマスクは以下の↓です。

https://lust.theshop.jp/items/29917935

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です