自粛対象外の縫製業

縫製業

自粛対象外の業種ですが、国内工場では今5月以降の生産予定は白紙となり、マスクや防護服の縫製で活動するほかないと言う工場も少なくないと聞きます。

ですが、縫製単価で言うとマスクが高くて@50 防護服で@1000

マスクで1日1人=100枚縫って。。。。

アパレル縫製は、結構中間業者が多いのですよ。実は。なので、実際は、「ここは本当に先進国?」とういう様な現状も聞きます。

10数年前によく途上国の縫製工賃と天秤にかけられ白旗を上げていった工場さんも何軒か見てきました。

ここにきて今、製造業をこの様なかたちで国内に戻そうとする動きが見られますが、もはや厳しい状況としか言いようがありませんよね。

ハイブランド商品は高額なので、労働工賃も適正価格が支払われているのでは?と、思われてるかと思われますが、実はファストファッションとそう変わりないです。



経済がまた回り始めも少しの間は、在庫商品があり余っている現状があるのでどうにかなってくでしょうけどもっと先には、ちょっと考えたくはない様な現実があるのかもと

僅かでも保証の届いている業種がありますが、この様なもともと厳しい環境でも頑張って守られてきた業界があるということを伝えたく投稿させていただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です